Member

大雅(総合格闘家)Taiga

名前

大雅

出身地 神奈川県
生年月日 1996年8月14日
身長 166cm
体重 62.0kg
経歴 元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者。“魔裟斗二世”として注目を浴びた兄・HIROYAの影響と魔裟斗に憧れ、幼少期からキックボクサーになることを決意する。
2012年11月に16歳でプロデビュー。2013年にKrush YOUTH GP2013 55kgトーナメントを制し、2016年にはK-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメントで優勝を飾る。
2017年2月にK-1WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチで卜部弘嵩から判定で勝利して第3代王者に輝いた。
RIZIN初参戦は2018年9月のRIZIN.13、その後はなかなか結果が残せずもがき苦しんでいたが、2019年7月RIZIN.17の町田光戦で本来の動きを取り戻し完封勝利。続く2019年10月RIZIN.19にはRISEワールドGPを制したばかりの白鳥大珠と壮絶なダウンの応酬を繰り広げたが判定負け。連続参戦となった2019年大晦日のRIZIN.20で白鳥にダイレクトリマッチを挑むも2R TKO負けを喫し、惜しくもリベンジは叶わなかった。しかしこの白鳥大珠との2連戦はファンに感動を与えた。2020年上半期は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受け、格闘技興行を含む様々なイベントが開催を自粛。約半年ぶりに有観客での開催が決定した2020年8月のRIZIN.23で2年前に対戦した原口健飛と再戦するも、1Rに強烈なパンチを浴びせられ3ノックダウンで完敗となったが、同年11月のRIZIN.25で関西の団体「NJKF心将塾」所属でDEEP KICK 63㎏級第三代王者の山畑雄摩と対戦し、見事3R判定勝利を収めた。
スピード感溢れるアグレッシブなファイトで多くのファンを魅了する元K-1王者は、虎視眈々とさらなる飛躍を目指す。
SNS   
PAGE TOP