Member

朝倉 海(総合格闘家)Kai Asakura

名前

朝倉 海

出身地 愛知県
生年月日 1993年10月31日
身長 172cm
体重 61.0kg
経歴 兄の朝倉未来とともにアウトサイダー時代から一目置かれ、60kg以下級では無敗を誇った。
2016年に韓国のROAD FC参戦を経て2017年末に才賀紀左衛門戦でRIZINデビューすると、パンチによるKOで沈め、2018年5月にはマネル・ケイプと激闘の末、判定勝利を挙げる。その後もトップノイ、ムン・ジェフンら強豪を破る活躍を見せた。2019年5月に怪我を負い、復帰戦となった2019年8月、RIZIN.18で当時RIZINとBellatorの二冠王・堀口恭司と対戦。下馬評を跳ね除け1R KO勝利のビックアップセットを起こし、一夜にして世界から注目を集めるファイターとなった。連戦となったRIZIN.19でも元UFCファイターの佐々木憂流迦を強烈な右フックで顎を粉砕して秒殺勝利を飾る。2019年大晦日のRIZIN.20で堀口とタイトルを懸けた再戦が決まっていたが、堀口の怪我により対戦相手がマネル・ケイプに変更。マネルのトリッキーなスタイルに翻弄され、2R開始早々にパンチによるTKO負けを喫し、バンタム級のタイトルを逃した。
2020年、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受け、格闘技興行を含む様々なイベントが開催自粛を余儀なくされる。約半年ぶりに有観客での開催が決定した2020年8月のRIZIN.23で空位となったRIZINバンタム級のベルトを賭け、扇久保博正と対戦。圧倒的な強さで扇久保をマットに沈め、念願の第3代RIZINバンタム級王者に輝いた。バンタム級のベルトを巻いた朝倉海は、2020年11月のRIZIN.24で初代ライト級キング・オブ・パンクラスの昇侍にTKO勝利し、さらに昨年8月に勝利している堀口恭司にタイトルを賭けた再戦を要求し、2020年大晦日のRIZIN.26でのタイトルマッチが決まった。1年を締めくくるにふさわしい世紀の一戦になるであろうこのリマッチに格闘技ファンのみならず世間からも熱い視線が注がれている。
SNS   
PAGE TOP